50代からのスキンケア

婦人

基礎化粧品の見直しは必須

女性の肌の大きな変化が訪れるのは、40代と言われています。これは更年期に向けて女性ホルモンが減少するため、その影響でシミやシワ、たるみ等の肌の老化が目立ってくるのです。そして50代になると更年期の真っ只中で、さらに肌の老化は進行していきます。ハリが失われる、シワが深くなる、シミが増え濃くなる等、人によっては人相が変わるほど変化するケースがあるのです。多くの人が40代の頃からエイジングケアを始めていますが、それでも進行が目立つのなら、再度エイジングケア用の基礎化粧品の見直しが必要です。これまで以上に、不足がちな肌に潤いを与えるエイジングケアが必要なのです。50代の肌が今まで以上にさらに老化が進行するのは、なんといっても乾燥が原因と考えられます。更年期による女性ホルモンの減少が原因で、肌の水分保持力は20代の頃のおよそ半分にまで低下しています。そのせいで肌は常に乾燥状態が続き、そのためシミやシワ、たるみ等が悪化してしまうのです。50代の肌のエイジングケアは、この乾燥対策が急務といえます。保湿成分は多数ありますが、中でも最強の保湿成分と呼ばれるのがセラミドです。セラミドは元々体内にあるもので、肌細胞の水分保持成分として働いていますが、50代になるとその量が減少しており、エイジングケアにより外から補給することで乾燥の改善が期待されているのです。また、50代の肌は老化により、真皮にあるコラーゲンが減少し弾力やハリが失われていきます。肌の弾力とハリを取り戻すには、真皮のコラーゲンを復活させる働きがあると言われるビタミンCが配合されたエイジングケア化粧品が有効です。

Copyright© 2018 肌のエイジングケアをはじめよう|若々しい見た目をゲット All Rights Reserved.