30代から本格的にケア

レディ

化粧品選びのポイント

肌の老化は20代後半頃から徐々に進んでいき、30代になるとシミやしわ、たるみやほうれい線など、人それぞれ悩みが本格化してきます。将来の肌を若く保つためにも、肌の衰えが気になり始めたらすぐにエイジングケアを始めましょう。エイジングケアの基本はやはり保湿です。年齢と共に肌が乾燥しやすくなりバリア機能が弱わってきますから、肌の潤いやハリが失われてきます。そこで、保湿成分がしっかり含まれた化粧品を使って、乾燥を防ぐのが大切です。エイジングケア化粧品に求めたい成分はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分です。また、肌のハリや弾力が失われてくるのは、肌内のコラーゲンが減少してしまうからです。40代では20代の頃の約半分くらいまでコラーゲンの量が減ってしまって、しわやたるみが起きやすくなります。少しでもしわやたるみを減らしていくためには、コラーゲンを増やすエイジングケアが必要です。低分子化されたコラーゲンが含まれていたり、サポート効果でコラーゲンを活性化してくれる美容成分配合の化粧品を選びましょう。エイジングケア成分として頼りになるのがプラセンタやレチノール、ビタミンC誘導体です。どれもコラーゲンを増やす機能を持っていますから、使っていくうちに肌の土台をしっかりさせてくれて肌にハリが戻ってくれます。コラーゲンが増えるとリフトアップ効果にも期待できますから、しわやたるみ、ほうれい線などを目立ちにくくしてくれて、若々しい肌を保てます。

Copyright© 2018 肌のエイジングケアをはじめよう|若々しい見た目をゲット All Rights Reserved.