若々しい美肌を保つには

鏡を見る女性

原因と対策

大人の女性の理想、それはいつまでも若く見られることです。しかし年を重ねるにつれしみ、しわ、たるみなどのお肌の悩みがでてきます。人は誰でも年を取るものです。年を取ると自然の原理でお肌は老化してくるものです。しかし女性はいつまでも若く見られたいものです。そこで、加齢による変化を極力抑えて若さを保つために行われているケアを、エイジングケアといいます。エイジングケアは一体いつ頃からするものなのでしょうか。一般的に、お肌の老化が加速度的に進むのが30代後半から40代半ばなので、多くの女性がその年齢にエイジングケアをはじめます。お肌の老化の主な原因は何でしょうか。原因は一つではなく様々あります。主な原因に乾燥があります。40代になるとお肌の保湿機能の衰えにより、しわやほうれい線が目立ち始めたり、たるんできたりします。また、紫外線も原因です。紫外線が肌細胞に大きなダメージを与え、しみやしわ、くすみなどが現れます。他にもストレス、不規則な生活習慣や食習慣の乱れなどがあります。そんな様々な原因があるお肌の老化ですが、悩みを解消させるためにも老化の原因をきちんと理解し、正しいエイジングケアをすることが重要です。では、有効な成分は何でしょうか。エイジングケアに必要な成分は、潤いを与え外部からの刺激からお肌を守るセラミド。そしてお肌の潤いを保つヒアルロン酸。保水性と弾力を与えるコラーゲンやコラーゲンの増加に役立つビタミンC誘導体などがあげられます。これらの成分が配合されたエイジングケア化粧品でスキンケアをし、丁寧にケアを積み重ねることが、いつまでも若々しい美肌を保つ秘訣です。

Copyright© 2018 肌のエイジングケアをはじめよう|若々しい見た目をゲット All Rights Reserved.